人気ブログランキング |

シニアとよばれて

nunuyoshi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 11日

人の立場になって考えられない者はそれをしている振りすらしてはいけない

 3月末で契約が切れる人たちの一部にに水面下で協力業者に移ってもらう話に
なっていたようだ。
 その協力業者さんから突然私宛に尋ねてきた、当社の設計部の部長が移動(?)を
依頼してきたので対応したいが事業範囲が広がるので契約内容の変更やら
事務所のインフラの充実やらをどうすればよいのかを相談に来たのだ。
 必要なら新しい会社を作ることも考えているようだった。
 私はそのとき初めてそのことを知り、久しぶりに怒りがこみ上げた。

 軽い気持ちで、受け入れすると言うことがどういうことなのか考えもせず単に
「チョット席を作ってもらって引き続き僕らの(設計部の)シゴトをやってもらって
支払いはするから」的ノリで「頼んだ」のだ。

 仕事が少なくなり、ただでも厳しいのにこの上何の事業拡大についての展望も
無いのにお客の言いなりになる業者もどうかと思うが、思わず当の部長を
呼びつけた。

 当人にどういうつもりなのか、どこまで考えているのか、更にこういうことに
すると毎月一定金額を払っていかねば、この業者さんはとても大変になる
事を問うと。

 「そこまで考えていない」そうだ。

 相手がどう考えて動いたのか、それに対してどう自分はするべきなのか
それすら考えないで人に、否、人を、どうこう言う資格は無い。
 思いやりがあるような振りすらしてはいけない、その自分勝手な
行動や発言に気づきもしない者は共に仕事などしたくも無い。

 書く言う私もそうなのかもしれないという自戒を込めて嗜めはしたが
どうも最近不快この上ない。

by nunuyoshi | 2009-03-11 02:33 | しごとのこと


<< すごい「小説吉田学校」      Un Specialiste >>