シニアとよばれて

nunuyoshi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 09日

信じる事が出来るかどうか

 悲観的ではなく、今年上期の経営目標は達成しない。去年の結果は惨憺たるモノで、得られたものがあるはずも無く、失ったものの記憶のみがそこに残った。もう一度それを(それより酷くなるが)受け入れるには気力が持たないかもしれない。
  だから、去年と比べ、何かを違えなければならないと思っている、それは会社がどうのでは無い、あくまで個人的なことだ。

 この状況をして自分は何を図ったか?
 
 凡そ教条的に聞こえそうなので声高には言いたくないが、「結果を出す」ということは私にとってそういうことになるのだ。
 
 明日、企画力強化ミーティングがあり、何故か僕も参加するよう依頼があった、その時「コストを無視した企画や設計が何の意味があるのか?」といおうと思っている、それはまさに、小さな「何かした」部門の私的エントリーになっており、自分でそれを信じる事ができるかどうか問うている。

 その事をいつか皆に言わなければならないなあとも思っている。
[PR]

by nunuyoshi | 2010-02-09 02:12 | しごとのこと | Comments(1)
Commented by p at 2010-02-09 15:24 x
一体だれが悪いのでしょう?どこの部署に問題があるのでしょう?明日の続報を期待しています。


<< のれんに腕押し      ちょっと愚痴を >>