シニアとよばれて

nunuyoshi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 22日

潮風のメロディー



「もう一言いわれたら、恋人でいたのに…」

 南沙織の歌はこういう切ない楽曲の方が記憶に残っている。
デビュー曲の「17才」は非常に短い恋をしている少女の一瞬の時間を切り取ったような
すばらしい構成になっているのだが、その「後」のようにも思え、感慨深い。
[PR]

by nunuyoshi | 2010-02-22 01:55 | 歌のこころ


<< 今月は司会だからね      挟み撃ち >>