シニアとよばれて

nunuyoshi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 28日

10数年前のことを5分で話す。

 本当に久しぶりに昔お世話になった、と言うか一緒に仕事をさせていただいた人に逢った。その人は既に40を超えているだろうか、もう2児の母になっている。

 「やあぁ~!久しぶりぃ~」と廊下の向こうから黄色(と言うより辛子色か)い声が聞こえてその方に顔を向けると、向こうの方でおいでおいでしている変な人が立っていた。
 
 「あんた結婚してやめたんちゃうん?」
 「なにゆうてんのん、ちゃぁんと産休取って復帰してただけやん、ほんと久々に営業についてきたら○○(僕の事ね)さんにおうてびっくりや。ほんまとしとったねえ!」
 「やかまし!おのれもやんけ!」
 という御国言葉丸出しの社交辞令も程ほどに、昔の事や近況などを話したがその中で気になることを言った。
 「○○さんえろおなったんやねぇ、でも私ら女性社員は出世できへんようなってんねん、そやから昔と肩書きはかわれへん、でも気楽やからそれでもええねん。」

 「なぁにしおらしい事ゆうてんねん!子供できて、仕事続けてええ事ばっかりやないかぁ!」
 「そおやぁ、3人目もばっちりいくでぇ、それでもはたらいたるでぇ!」
 「まだいくんか?ずうずうしいのもたいがいにせんとな」
 「やかましいわ、頭しろいくせに!」
 

 …その間約5分、月日の重みはある様で結構無かったりする。
 
[PR]

by nunuyoshi | 2010-07-28 02:18 | しごとのこと | Comments(2)
Commented at 2010-08-11 19:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nunuyoshi at 2010-08-12 02:14
phactory様
 材料メーカーの方でした。いつも朗らかで、人として尊敬できた方です。


<< それは既に皆知っている、聞きた...      灯りを点けよう。 >>