シニアとよばれて

nunuyoshi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 28日

ハンバーグは先に玉ねぎを炒めて

 先週の土曜日の夕飯のメニューは「ハンバーグ」のオーダー。それにトマトとモッツァレラチーズのサラダを付けようと材料を購入し帰宅。
 先ずサラダの下ごしらえ(と言っても切って並べるだけ)をしてブラックペッパーを多めに振って冷蔵庫へ、個人的には味噌汁も欲しいのでそれも先行で制作、本題に入る準備が整った。
 玉ねぎ(大一個)をみじん切りにして先に熱したフライパンに油を適量投入し頃合をみて放り込む、塩適量、ブラックペッパーふりかけ、火が通ったところでコンソメと白ワインを流し込む。仕上がったと感じたところでバターを一片、大き目のボウルに取り出す。
 冷凍保存しているパン粉(細目)と牛乳を入れて混ぜる、熱が下がったところでひき肉(合びき)を入れて混ぜる(手で直接混ぜる方が良いと聞いているが最近はへらでやっている)混ぜきる前に卵一個を入れて調子を見る。
 そこで携帯がなっている事に気づき急いで出る。

 「事故の清算の件なんですけれど」と始まって、少し悩んでいるようで、シテも置けない、「どうしたいの」と聞く。「やはり元請管理責任の観点で言うと…」
 【ハンバーグの大きさは大きすぎず、小さすぎず、中央は少し凹ませる】
 「いろいろな事が重なった事故なので業者のみに負担させるのはどうかと…」「そうですね、でもそれを言うだけではうちは承知しないでしょ?痛み分けが大人的なのですがココは全額負担させる方向で先方の出方を見るほうが良いですねぇ」
【そういえば付け合わせがほしいなあ、最近ホウレン草も258円してバカ高いから半分使って茄子とキュウリでオリーブオイルで炒めようか】
「しかし業者に全て押し付けることはどうかと…」
「え!?ああ、先につけ合わせを済ませるべきやわ」
「え!?なんです?」
「あ、取り合えず押し付けましょう」
「でも」
「もし受け入れられないと言うなら僕が話してみますので一度交渉してくれませんか?」
【ナスは水で晒す、ウーンヤッパリハンバーグを先に焼くか…】
「でも…」「分かった!?」「ええ、はい」

 ジュー

「何の音ですか?」

「ハンバーグは片面焼いてひっくり返してワインを振って蓋をするの!!」
[PR]

by nunuyoshi | 2010-09-28 01:22 | とりあえずここ


<< 今、タバコを吸っています。      東京に来なさい。 >>