シニアとよばれて

nunuyoshi.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 05日

大陸から来た男

 大陸から元社員で現在は海外(主に中国)からの輸入をやっている人と
今年初めて打ち合わせをした。

 相変わらず大陸はどれだけ凄い経済発展しているのか、どれだけパワーが
あるのかを語る。そしてどれだけ日本がダメかを延々語る。
 それを聞いていて、何時も反抗したくなる(のが僕の悪い癖)。

 「人件費をアレだけわざと安くしたままで何時までもコストの勝負を続けるのは
フェアではないね、だいたいフェアであることが必要であるかと言えば必ずしも
そうでないけど、『近代化』を目標にする事ではなく、単にカネをいくら儲けるかを
考えるだけではヤッパリおかしいよ。」
 
 「なんだかんだと言っても今は彼らのバイタリティーに気圧されるんですよ、日本に
帰ってくると無気力な感じに逆にホッとするくらいです。やっぱりこれでは
負けて当然なんだと実感しますよ。それに彼らは経済発展が暮らしを良くするには
一番の近道だと考えているんです。」

 「それはそだろうね、でも経済の伸びや規模で日本を凌駕した事で負けたと言うのは
あまりに一面だけ見過ぎない?これから日本はまたもや経済の発展と言うものが
目標になると思ってんの?そんなもん出来ないよ。」

 「だから負けてるんですよ」

 「違うの!日本なんてところは、これから『どこに行こうか?』考えないと
いけないの!昔のような目標は持てないの!」

 「だから勝負をなげてるんですって!」

 「だぁかぁらぁ!」

 と以降、年甲斐もなく二人で散々不毛な議論を暫く続けた。
それをしながら、こういう青臭い話は、なるほど彼のような確固たる意思を持った
(もたざるを得なかった)人と出ないと今は無理なのかと考えていた。
こんな話をどこでもしたいとも思っていた。
[PR]

by nunuyoshi | 2012-03-05 01:39 | しごとのこと


<< 雑事      悩んでいる。 >>