人気ブログランキング |

シニアとよばれて

nunuyoshi.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 16日

IPOとすみません、どっちも不躾。

 このごろ「IPOに向けて社内体制を云々…」という発言を良く聞くようになった。
新規に上場する事を指しており、3年から5年後には株式上場することを上層部は
(というか)社長は目指しているようで、何かにつけて
「この社内システムを見直して」とか
「こんな不安定な業績ではIPOなんて夢でしかない」とか
「こんな決まりを守れないようではIPO云々…」とか
何だか念仏のようにも聞こえていて、なんにでも「それ」がついてくる。

 まあ、目的にするにはおかしくは無いのだが、何だか社員の間では違和感というか
なんというか、やるならどうぞといった倦怠感が漂っている。

 そんな中。いきなり「社員の持株会の説明会のお知らせ」なんてものが社内のポータル
トップページに出てくるもんだから、サイレントな倦怠感は、サイレントな嫌悪感に
どうやら社員の心象は流れているようだ。IPOのセオリーかもしれないけれど、真っ先に
安定株主の確保を優先するのに付き合わされてはたまらない。

 何につけても、初めに「すみません」から始める人がいる。
電話をしても「すみません、○○さんは居られますか?」だの
「すみません、この書類にサインをお願いしたいのですが」とか
「それでは、すみませんがここで失礼します」とか
どんなときでも謝る人がいる。

 まあ、実際は全く謝罪の気持ちなどは無く、めんどくさいのでとりあえず「すみません」と
いえば、なんだか丁寧に接している感じになっていると思って使っているうちに殆ど
癖になって、相手にどれだけ不遜な態度を取っているかを考えてもいないのだ。

どっちも下品で不躾この上ない。

by nunuyoshi | 2012-10-16 01:56 | しごとのこと


<< 仕事がしたいなんて嘘つくな。      夢のカルフォルニア(カルフォル... >>