シニアとよばれて

nunuyoshi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:とりあえずここ( 171 )


2016年 08月 19日

最近いろいろ考える。

最近事の他いろいろ考える。

次の仕事は何が良いかな

お母さん社員を何とか課長にしたいな、でも本人は迷惑かな

ツイッターもあんまりする気がおきないので、フェイスブックは
どうなんだろうか

仕事にこれだけメールのやり取りが重要になっていて大丈夫なんだろうか

ウインドゥズ10に何だかアップグレードする気が無かったのは何でかな

戦争はんたーい! って言うだけで済むんだから楽だな

サマソニはやっぱ暑いんだろうな

美術展の夜間鑑賞は入場料が2倍でも価値があるな

東京転勤は何で嫌なんだろう

4つの力にもうひとつ力があるらしい

ブラッドボーンは結構楽しかったな

エドワード ゴーリーは何で好きなのかな

現代の郭の話は興味深かったな

ウーン…

たいしたことは考えていないようだ。



[PR]

by nunuyoshi | 2016-08-19 01:29 | とりあえずここ
2015年 11月 19日

「拵え」る:古くて素敵な言葉

 文楽を見に行った。
11時から15時半まで、文字通り幕間に幕の内弁当ならぬ
柿の葉すしを口に押し込みながら
恐れていた退屈さも感じることも無く
いろいろなことを考える事ができた。

何で人形なのにあんなにヒロインは色っぽいのか

何で人形なのに「死体が床にゴロンところがる」のが
リアルに見えたのか

そして、「拵え(こしらえ)る」という言葉が耳にのこった。

 人形遣いの主遣いは浄瑠璃人形を準備する際には
5体を自ら組み上げ、かつらを着けて、髪を結い、「拵え」る。

 太夫は師匠から口伝で本を伝えられ、それを書き留めて
自分の台本を「拵え」る。

 そうして舞台を拵える。

調べると
「ものの出来上がった状態のこと」
「準備」
「したく」
「身づくろい」
「ツクリと読めば刀剣の外装の事を指す」

こしらえる

古くからいままで数え切れない人の手で工夫され
準備をしてきたのだろうと考えると、とても
豊かでやさしいことであるような気がしてくる。

 
[PR]

by nunuyoshi | 2015-11-19 01:29 | とりあえずここ
2015年 09月 09日

何書いてんだか。

 60年から70年初頭大学生だった人たちが、巻き起こした紛争は
決着がつかないまま、終わり、目標は正しかったが
手段が間違っていたと負け惜しみを言って、それこそ
自らの総括はせず、一旦は消えていった。

 それが、手段を間違えたが目的は正しいと考えた政策を進める
政治家に対し、退職し、時間をもてあました、不完全燃焼の心象はそのままの
体力のある、昔の若人は
もう一度間違った手段を見直すことをしないで正しい目的(と思うこと)を
またもや、押し付けようとしている。

 社会の問題に対して、考え、解決しようとする方向ではなく
自分の主張を相手に納得させる事こそが目的の息苦しいほどの
了見の狭さ、古臭さ。

 何をしたいのだろうかと思う、彼らの本当の目的は
退屈な時間の浪費だろうか?
それとも誰かに正しいねって褒めてもらいたいんだろうか?
誰に?





 
[PR]

by nunuyoshi | 2015-09-09 01:21 | とりあえずここ
2015年 08月 18日

近況。

 ここ暫く、更新もせず仕事に邁進していたわけですが
何だか、自分ががんばっているといくら思っていても
結局は、思い過ごしであったような、そんな事って
往々にあるわけです。

 そういう時って、薄々自分の中で実は気づいていたりするもんですが
かなり薄々なので、気づいたこと自体も瞬時に忘れたり
しているのです。
 
 そんな、ボタンを掛け違えて、そのままにしている状況は
あんまりみっとも良いものではないので
ちょっとづつでも直してみようかなと猛暑も過ぎ去る中で
考えているわけです。





 
[PR]

by nunuyoshi | 2015-08-18 01:11 | とりあえずここ
2015年 07月 01日

新幹線事故のあおり

 東京から新大阪までの予約は知らない間に運休でリセットされていた。
そんな事故の影響で混雑した駅構内で、会社を辞めた人が突然
声をかけてきた。

「 ○○さん!」と叫ぶ声のほうに顔を向けると、数年ぶりに見る顔が
少し丸くなりながらも、そこにはあった。

 騒然とした駅の中で、挨拶もそこそこに、また、分かれたのだが
その2分程度の会話でも自慢話しかしないところは
かわらんなぁと思った。



 いやいや、そんなことではなく、今日ここにとどめたいことは

「頭から油をかぶったお客様の発煙の影響で」

新幹線が遅れた事だ、しばし後でお客様は男性に変えられたが…。
[PR]

by nunuyoshi | 2015-07-01 02:06 | とりあえずここ
2015年 06月 10日

こむらがえり

 午前四時、それは突然やってきました。
左脛がなんの前触れも無く、グイと勝手に力が入り、制御も聞かず
その筋肉は在らんばかりの能力を集中し続けたのでした。

 飛び起き、何が起こったのか0.2秒程考えて、これぞ
こむらがえりというものか!と
納得しつつ、横で寝ている神さんは起こすまいと漏れでそうな
呻き声を押し込め、両手で脛をさすってたのですが、何の役にも
たちませんでした。

 伸びたつま先を曲げて、筋肉の収縮を緩和しようと試みましたが
適わず、ひざを伸ばすことも出来そうにありませんでした。
 このままでいるのは嫌だなぁと思い
「お前、こんな時に、そんなに一生懸命仕事しなくてもいいから
何が原因でお前をそこまでさせるんだ?」というような
声がけに、反応するわけも無く、彼はひたすらに縮み続けていました。

 こういうときは、痛みを意識で切り離す事を試みるのですが0.1秒も
たたずいつも断念するので、次に、やはりつま先を何とか曲げることを
目標にしようと決意しました。

 態をひねり、壁に向かってつま先を押し付けるようとしましたが
ドン
という音が出るのを恐れ、勢いに任せず、ゆっくりするもんだから
なかなかつま先が壁のほうに向いてはくれません。
そうこうする内に、腰がずれ、ベッドから落ちそうになっている
言わば、第二の悲劇、二重遭難、悲劇の連鎖に陥っている事に
気づいたときには、既にベッドの端を中心にした自分の体の
重心の位置が「空虚」なほうに移動しており、万事休すと
なっていました。

 その後の短い落下の間、肩から落ちると音が響くので、ひじから
肩に襲撃を吸収するように脛をさすっていた右腕を床のほうにもって行き
それが功を奏してか、あまり大きな音が出ることも無く、ダメージカットも
その状況から言えばかなりの有効性ではなかったかと思うわけです。

 そして、落下したわけですが、その時、ひざが一瞬、少しだけ伸びたので
そのチャンスをうまく利用し、なんとか生還できたわけです。

 なぜ、こむらがえりが起こったのか、今となっては解かりません、しかし
あの時、神さんを起こすこともなく、大きな試練を乗り越えた自分が
少しばかり大きくなった気がしないでもなかったわけです。



 
 

[PR]

by nunuyoshi | 2015-06-10 02:06 | とりあえずここ
2014年 07月 24日

何十年ぶりにコンバース

 中学、高校、大学、僕はバスケット部に在籍したことは無かった。
運動部にはいたのだが、バスケットは授業で付き合う程度だった。

しかし、しかし。

ほぼ、高校卒業までは、コンバースのハイカットを履いていた、何でかは今でも
正直わからない。

 そして何十年かが過ぎた、主にやっぱり皮のハイカットを選んで履いていたので
廻りはひどく迷惑がったし(何故かはあえて書かないが)、自分でも非常に
脱ぎ、履き、がめんどくさいので実はいやだったりするのだが
何でかやっぱりハイカットを選んでしまっていた。

 知らぬ間に時はさらに過ぎ、普通のビジネスシューズに慣れ、親しんだころ
その波は突然やってきた。

 ああ、コンバースのハイカットを買おう。


b0021511_01100469.jpg
 今日、スタッフの一人と面談して、なぜ、仕事に追われて疲労しているように
思ってしまい、いつの間にかうつ状態になるのか。
また、その対処を考えているうちに、自分もそんな気持ちに引き込まれてしまったので
気分を晴らすためにこういうものを買ったのかも知れない、そうでないかもしれない。

 とにかく、この暑い最中に、こんなもの履けるか? と
自問しながら、暫く、がんばってみようと軽く決意をしている。

因みに、紐の通し方は、ある人から遠い昔に教えられたもので、ずっとこれ。






[PR]

by nunuyoshi | 2014-07-24 01:32 | とりあえずここ
2014年 06月 17日

これがグリッシーニというものだ。

b0021511_0573893.jpg


 僕の中で、グリッシーニとはこれのことだ、他の店で出てくるものは
ポッキーというのだ。

 初見で覚えてしまうことはそういうことで、合ってようが間違っていようが
そういう判断をしてしまう、そのことを他の誰かが修正しようとしても
無駄なのだ。

 今日、僕の移動が会議の中で常務より発表された。

 そのことは10日程前に相談という形で持ち出され
僕自身もこの立場にいることに意味を見出せなくなっていて
いい潮時だと判断した、だから即「いいですよ」と答えた。

 その会議の中ではシンとして特に誰かから反応があったわけではなく
僕ができれば早く発表してほしいという希望を組んだ形でそれは
なされた。

 今いる部署に愛着がないといえば嘘だが、それでもやっていることに
飽きてきており、これといった得意分野もない自分にとっては
経験からくる判断を若年社員に提示して参考にしてもらう以外に
役立つものはない。

 「組織のなかでどういう形で役に立つか?」が僕の仕事をする
ことの意味だ。

 誰にどういわれてもそれが僕にはグリッシーニでありポッキーである。

(なんだか無理やりな感じだが、たまたま古いレストランに久しぶりに行ったので
そんなことを考えたり思ったり。)







 
[PR]

by nunuyoshi | 2014-06-17 01:35 | とりあえずここ
2014年 05月 26日

昔からレゴは嫌いだった。

 幼少のころ、プラスチックでできたブロックというものでよく遊んだ。
主には「ダイヤブロック」というものでなんだかわけのわからないものを
作っては壊し、作っては壊し、飽きるまで(かなり飽きなかったのだが)
繰り返しいじっていたことを思い出す。

 親戚にレゴブロックを持っているやつがいて、今から考えると
妙に上から目線で「これ貸してあげようか?」みたいなことを
言われて、断固拒否した事も覚えている。

 いろんな形があり、なんだか卑怯。
(ブロックとは、単純で同じ形のものがたくさんある事が基本であり
作りたい形が別にあったりするのは、ブロックの成り立ちに矛盾し
卑怯である)

 いろんな色があって、きれいで卑怯。
(ブロックとは、一様な色のものがたくさんあることが基本であり
…以下同文)

※僕は当時、そういう変なこだわりがあり、ダイヤブロックはグレー一筋で
親から散々に説教されたが頑として一色しか使わず
今から考えるととても損をしていた。

 外国産で卑怯。
(ブロックとは、カッコイイ外国産とかかっこ悪い国内産とかで
差別されるものではなく、一様に…以下同意分。)

 といった3つの点でレゴブロックは超卑怯であり、自分には相容れない
存在であるのだ。

そして40年ほどの年月が経過。

あるとき、ヨドバシカメラに姪へのプレゼントを買いに立ち寄った。
「ブロックで誤魔化すかなぁ」と玩具コーナーで目を泳がせると

!!!!

More
[PR]

by nunuyoshi | 2014-05-26 00:27 | とりあえずここ
2014年 02月 03日

協調性って - ナニ!?

大学生と話をしていて、就職活動支援のセミナーの中で
協調性
傾聴力
の事がよく取り上げられるそうだ。

「傾聴力」って聞くちからっれこと?と聞くと
まぁ、そんな感じらしい、「協調性」とは言わずもがな。

大体この辺で、大方察しがつくのが
「つまり、会社(大人、若しくは社会人)の言う事を良く聞く姿勢が
就職に於いては重要である事」のように吹聴されている。

 この辺どこまでレクチャーされているのか突っ込んで聞いてみると
やはり、「相手の言う事を正確に聞いて、自分なりに考え、意見を交え
(戦わせ)まとめてゆくこと」ぐらいの理解はしている。
 しかし、そんなことできるのか(言えるのか)という疑問が湧いた。

 就職したい方と採用する方とでは当然立場が違う、そんなイーブンな
関係でもなく、相手を知りもしないのに(当然だが)
「したい側」に協調性の有無を問い、模範解答に
「自分は大学在籍中、○○部に属し、部をまとめ、いろいろ達成しましたので
協調性があります」って何だか違う。

 
 協調性って自分で自分を推し量るものではなく、自分を他者が
評する時に使うものだと思うからである、ましてや就職活動の面接時の
相手は殆ど価値基準が合わない(というか不明な)のに意味が無い。

 では採用側が何を聞きたいのかといえば「従属性」だ。
協調と名を変えた従属、できるの?と大人は聞きたいのだ。
この辺、非常に卑怯なところで、言い換えているところさえ
了解している前提で進める部分が多々ある。

 協調性があるかは自分には解らない、それはあなた方が雇用後に
判断して頂ければ良いと思う、しかし、大学時代には
あれこれ部での活動もしているので、それなりには有ると推測はできます。

 というのが正しいと思うが、相手が傾聴力があるのかが甚だ疑問なので
お勧めは出来ない。

 協調性は自分にはあると思います。あれこれやっていて苦労しましたが
うまく行きました、しかし、あくまで採用後に判断していただく事になります。

…やはり小生意気になってしまうが「ある」とは言わない方がいいとだけは
思うのだ。








[PR]

by nunuyoshi | 2014-02-03 02:03 | とりあえずここ