人気ブログランキング |

シニアとよばれて

nunuyoshi.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2006年 06月 30日

吉田拓郎を聞いてしまった。

 吉田拓郎の歌を聞いてしまった。
 これらを聞くと昔のことを思い出してしまう。
 大阪には数箇所よんどころのない場所がある、そこには体に模様のある人、体の一部が欠損している人、ある日いなくなってしまうお兄さん、お姉さん、そんな人たちが大勢いるところに幼少のころ住んでいた。
 汚れた工場のすすけた食堂で余った昼ごはんを「食っていけ」と言われ、うれしくて不思議とうまかった。
 ある日よくしてくれたお兄さんが「今日でお別れやからこれやるわ」と野球のグローブをくれた、私は左利きなのだがくれたのは右利き用だった、「兄ちゃんこれ右利き用やん!」と抗議すると「わかってる、これはそういうんとちゃうねん」とだけ言った。
 子供心に「もう会うことはないのどろうな」と直感したことを覚えている。

 だから今までいろいろな人と別れるたびに「もう二度と会えないのどろうなあ」と考えてしまうくせがついてしまった、そうであってもなくても。
 どうか皆さん、変わらずお達者でありますように。
 
 因みに「ドリフのズンドコ節」を聞いてもそんなころを思い出すのだが、ちょっとこれは歌と合わんなあ・・・・・。

by nunuyoshi | 2006-06-30 02:14 | とりあえずここ
2006年 06月 27日

恐るべしゴルゴ!

 今日は名古屋まで出張。
 社員を見下げる外注さんの監視役といったところ。
 その待ち合わせで新大阪駅の改札内、何か雑誌でもと本屋さん、ふと見るとわが目を疑う光景が・・・・。
b0021511_22134449.jpg

よおく見てください。
b0021511_22192227.jpg
なんやこのカテゴリーは!?
ゴルゴ、君は知らぬ間に
新書や教育などと
肩を並べるくらい
ビッグになっていたのね。

by nunuyoshi | 2006-06-27 22:21 | しごとのこと
2006年 06月 26日

今日はお休み

 今日は遅まきながら海外版「the ring]を見た、日本版を見ていたので比較ができてそういう点では面白かったがまったく怖くはなかった。

 以下少しネタばれあります。

 特に気になったところは最後のサマラさんが出てくるところ、日本版では貞子さんは単に(?)テレビから出て来られますがサマラさんは電子的な画像処理がされているように見えました。
 ダビングされたビデオも「なぜかコピーされても劣化しない」ニュアンスが出てきたり、出生は謎に包まれていたり、問題のビデオも「これからこんなことが起こるのよ」的な個人(主人公)に対してのやさしいオリエンテーションだったりでとっても「理由付け」に努力されておられるようだった。
 そういえば「ゴジラ」もアメリカ人にかかってオオトカゲになって「神格化」を防いでいた。
 日本には昔から週に一匹以上大きな怪獣という「神さん」が出現していたり(それをまた親切な宇宙人が丁寧に対処してくれましたが)、妖怪が日常の中で闊歩していた大らかさは欧米の人たちには少し理解できない部分だろう。

 そして最後の決着のつけ方がその「理由」に基づいて処理をしてその「罪」を背負うことに「腹を決める」ここはやはり日本人にはできないところ、かなわんなあと思います。
 今日はそんな感じ。
 因みに、でも「ダビンチコード」より「薔薇の名前」のほうが奥深いと思います。
 また、因みに貞子さんよりお岩さんのほうがよっぽど怖いし切ないと思います。

by nunuyoshi | 2006-06-26 02:54 | 話題一般
2006年 06月 24日

業務の分担とはいうけれど・・・

 今日は東京で会議。
 全国の管理部の人たちとなぜか東京の所長、本部長まで参加していた。
 各地方の状況が発表されたあと書面を出した。
 「管理部の拡大化とは何をもって図るのか?」
 「積算部の強化とはどういう強化か?」
 「業務の区分、分担はどう捕らえ、進めるべきなのか」を問うてみた。
 しかし、結果は関係のない「ヘルメットと腕章のデザインはどうするのか」と、その配布の時期についての確認に時間をとられてしまい、そんな話は討議にもならなかった。
 
 こんなこといくらいっても誰も聞き耳持たないのがよく判った、今後は時間の無駄ということもあるのでやめとこうと思った、必要ないのだ。
 ここにいるうちはここでのみ通じるやり方を考えよう、方針転換の時期だ。
 

by nunuyoshi | 2006-06-24 02:43 | しごとのこと
2006年 06月 22日

愚痴にしないのは難しい

 大型プロジェクト進捗に向けての地域事業部の担当事前投入の依頼は見送られた(というか十分に検討すらされていなかった)。
 管理部増員への移籍人事は早急にはできるはずはないので、中途採用などの手法で乗り切って、他部署からの早急な移動は見送ってほしいと進言したがそうもいかないらしい。
 全国対応クライアントには事業部単位で考えねばならないらしい。
 面接した中途採用予定者はつまらぬ理由で断ったらしいが、私はその状況を知らない。
 管理部より営業部の人員不足が優先らしい(これはそうかも)
 他事業部のえらい人から「君のところ大丈夫?」とか言われる。
 これらは何?試練?試してる?
 やっぱ何しても思うとおりには行かないことなんてわかっているつもりでもここまでやられたら普通、しょげるわ。
 ここで踏ん張る理由なんてあるのだろうか?
 こっちは人がいないといっているのに他からの以来は聞いてくるしそれを直接いわないし疑心暗鬼にもなろうというものだ!
 でもここで腐らずに軽やかに対処できる人に私はなりたい。
 むりかなあ、できるかなあ・・・・。
 
 
 
 

by nunuyoshi | 2006-06-22 03:04 | しごとのこと
2006年 06月 21日

あついあつい

 今日は暑かった。
 出張の帰りに少し時間が在ったので新大阪から梅田まで歩いた、何の気なしにはじめたが思うよりはるかに梅田は遠く、照りつける日差しの下、全身汗まみれになった。
 こんなことは二度としないでおこう。
 因みに淀川はとても川幅が広い、橋の裏には誰かの人生の片鱗も見て取れた、中津は日中でも人通りは少ない、等などいろいろな発見もできた・・・。

by nunuyoshi | 2006-06-21 00:48 | しごとのこと
2006年 06月 20日

がっかり2連発

 一つ目のがっかり
 受付の改装計画のデザインが待った挙句に決定しない、聞くと「中途半端に決めるよりじっくり計画を練ってやりたい」とのこと。
 二ヶ月も待ったのに?

 二つ目のがっかり
 先日の休みの日に車でドライブ中に神さんが「あれ、あんたに似てる」と指差したのは安売りジャパ○の社長(会長?)の似顔絵だった。
 「あれが俺?」いくらなんでもそれはないやろ、「いいや全身かがみでみてみ!そっくりや」

・・・・

by nunuyoshi | 2006-06-20 01:08 | しごとのこと
2006年 06月 15日

きょうのプレゼン

 設計部の内装プランコンペの立会いに行ってきた。
 設計施工の受注に向けてのプレゼンで、決まればいきなり8月までに10件の工事受注が見込めるため設計部はがんばって2度目の修正プランを行ない、その場に臨んだようだ。
 しかし見る限り、駄目だろう。
 前回の修正指摘部分を挿げ替え、とってつけた感じでしゃべり方も下手だったが最も悪いのは、設計全てを外注してチェックなしで望んだことだ。
 それに獲得しても設計の人員体制も整っていない、つまり「その場限り」だ。
 そのことは直接担当の設計部の担当に言ったが「それは私も心配してます」とのことだった、ああコンペ獲得しないようにここはお祈りしておこう。

by nunuyoshi | 2006-06-15 23:54 | しごとのこと
2006年 06月 15日

泣かしてしまった

 当社の労務規定では「現場調査」に対して残業代は支給されないそうだ。
 それを一週間、深夜に作業していた人の残業報告を目にして総務の担当がわざわざ私に確認してくれた。
 少し考えて、「現場調査が残業対象にならなければつけなくていいよ」と言った。
 これには少し前フリがある、最近月50時間の残業時間を越えずに労務管理することが取りざたされており、具体的な対策が会議を重ねても出て来ず少しうんざりしていた。
 加えて自分の中でもどうすれば良いのか見つけられていないのもあった。
 またまた加えて今日の施工納品会議での協力業者の冷ややかな態度やら、わざわざ東京から来た本部長の形式だけの行動やら、スタッフの沈黙かげんやらやら・・・・。
 それでそういう返答になったのだが、相手が少し黙ったのを気づかず私は「でも彼らは会社が認めなくても必要だからやっている。」と追っかけを言ってしまった。
 見ると涙ぐんでいた。
 それを聞いていた総務の上長は飛んできて私を睨んだ。
 厳しい視線の中、理由を聞くと「払ってあげられない」のが悔しい」と言った。
 ああよかった、俺が泣かしたんでなくて・・・ではなく、ああ、ここにも此処を良くしようと思う人がいる事がわかって正直少し救われた気がした。
 舞台はミスキャストでいっぱい、控えはいない、でも何とかできないものか考えることに今は精一杯、でも、だからちょっと元気出さねば。
 他に聞くと「前よりだいぶマシになってますよ」なんてことも聞いたりする、狭いようで広いのねこの会社。
 
 
 

by nunuyoshi | 2006-06-15 01:49 | しごとのこと
2006年 06月 14日

懐かしいもの

 先日遊びに出かけたときにとても懐かしいものに出会った。
b0021511_1274081.jpg

 これこそ「台車」と呼ばれる道具。
 はるか昔、幼少のわたしはこれで色んなことをして遊んだ、これがいまだに現存したとは!
 因みにこれがあるところは大国町辺りのとある市場でした、なんだかせっかくの休みにろくなところにいかんなあ・・・。
 

by nunuyoshi | 2006-06-14 01:35 | とりあえずここ