人気ブログランキング |

シニアとよばれて

nunuyoshi.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 23日

恥部とはこういうことを言う  Go West

 80年代から90年初頭に掛けてのころ、今思うとコッパズカシイ事をしていたのだなあ
と時たま私の中に激震が走ることがある。

 たとえば Go West、よせばいいのに探したら、色々あったよ You Tube。
勇気を持って見てみると、開始1秒から既に拷問状態。
 着ている服から髪型からビデオの演出や効果まで、まあ
スゴイスゴイ、最後まで見ることが出来なかった。

 

恥部はいろんなところに転がっている、どうしよう…。

by nunuyoshi | 2008-11-23 02:42 | 歌のこころ
2008年 11月 23日

「が」に注意。

 列車到着が10分遅れておりますがお待ちください。

 売り上げの目標達成は難しい状況ですが粗利でがんばります。

 なにがですか?

 最近の「が」の取り扱いには注意している、特に最近このように「が」を中心に
前者は既に起こっている事や対象に距離を置いた他人事
後者はその状況下での対処等の自分事になっている。

 ポイントはある状況に置かれていることは周知なので対処はこうするしかない
という選択肢の無さをいっている点。

 列車到着が10分遅れております、もう暫くお待ちください。

 売り上げの目標達成は難しい状況です、あとは粗利でがんばります。

 なんですか?

 考えると特に「なにがですか」は便利な言葉(実際には日本語になっていない)だ
「なんですか」でも「何と仰いましたか」でも「おのれがこのワタクシ様にまさか
何か言ったんじゃあないだろうな」とも取れる。

 「が」には注意。

by nunuyoshi | 2008-11-23 02:22 | とりあえずここ
2008年 11月 16日

繁忙期は終わったけれど

 業界は例年春と秋に繁忙期が訪れる、今年の秋の繁忙期は異常だった。
 どこもかしこもこの秋に集中し、特に関西には超特大の
「Big wednesday」が到来した。
 
 部下は月残業時間が100時間を超え、引渡しの期日を徹夜で乗り越え続ける日々が
心身疲労の極みに達した、各言う私も3年ぶりに物件を数件受け持ち、右往左往し
助けるつもりがみんなに迷惑を掛ける事になってしまった。

 どたばたと東京での月例会議が終わり、フト気づくとその「繁忙期」が終わっていた。

 いつの間にかチョット切ない気持ちになっている、きっと今期の経営数値目標は
達成しないからなのか、何なのかはよく判らない。
 「もう組織のせいにするのは飽きませんか?必要だと思うことを部を超えてすれば
良いんです」と数日前言った暑苦しい発言も褪せてしまってる。

 施工管理者証の取得の為の申請用紙の書き方を聞きにくる営業部、設計部の
人達、さっきまで業務の区分だの分担だの言ってる尻から上層からの一言で踵を変える
様子を見るに付け更に思いは複雑になってゆく。

 身を潜めて事の変化を達観し、モガキもせずニヒリストを気取るバカは相変わらず
仕事をしている気になっている、翻って私はというとモガイているだけなのだろう。

 しかし、「Big wednesday」は終わった、あとは服を着替えて死地に向かわねば
ならない事を私は考えている。



 

by nunuyoshi | 2008-11-16 04:08 | しごとのこと
2008年 11月 08日

Downtown Train

  切ないラブソング

 Tom Waits の名曲「Downtown Train 」

 もう違う世界に行って、会えない彼女を思いながら
今日もブルックリンからDowntown Train に乗る。
 今日こそちっぽけな自分の「世界」が変わる気がする
安っぽく光るコインのように。

 みっともない男とTom Waits はあまりにシンクロし、少しだけ
かっこいい。



   ダウンタウンを走る列車で今夜

   きみに会えたらすてきだろうな
   
   俺の夢が、雨のように流れてゆく

   この列車の中で

訂正:少しかっこいい→かなりかっこいい。

by nunuyoshi | 2008-11-08 03:41 | 歌のこころ
2008年 11月 07日

赤壁(Red Cliff )は…保留

 清々堂々と封切りしたての新鮮な映画を見に行ったのは「Hot Fuzz」以来だったのだ。

 「Red Cliff」

 ジョン・ウー(呉宇森)監督の「ハリウッドを越えた」大作!

 しかぁし!

 物語の運びは「みんな知っているだろうから」強引気味。
 主人公の周瑜は名優トニー・レオンなのに精彩さに欠け。
 諸葛亮の金城武は謎の笑みを称え続け。
 モブシーンはCG炸裂するも、も一つ迫力に欠けた。
 特に八卦陣は運動場での組み体操のようにせせこましく見えて仕方がなかった。

 やっぱりあのためのきつい演出バンバンの周瑜はチョウ・ユンファなのだろうし
 静かなる知将、諸葛亮はトニーレオンが正しい。
 唯一のヒロインは小喬リン・チーリン…っではなくチャン・ツィイーだろう。
 只、曹操のチャン・フォンイーは、がんばっていた。

 しかし、個人芸は見せる、わらじおじさんの劉備を守る関羽、張飛、趙雲の3武将は
戦闘では絶対的な強さを見せ付けるのだ。

 総括すると…保留、part2をみて判断しようと思います。

 風を操り、火刑で勝利を掴むのだ!


  
b0021511_2535227.jpg


by nunuyoshi | 2008-11-07 02:54 | 映画のココロ
2008年 11月 04日

大阪の人は僕が東京に行くと既に思っている

 部内の人も、協力業者さんも、ブレーンさんも僕が来年東京に
行くように考えているようだ。
 実際はどうであれ、こういう風に現実は周りから堀を埋められる
かのように出来上がるのが常のようだ。

by nunuyoshi | 2008-11-04 02:24 | しごとのこと