人気ブログランキング |

シニアとよばれて

nunuyoshi.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 27日

突然の全体全国朝礼

 あまりこの事には触れない方が良いように思う、明日は朝から打ち合わせで直行の予定だったが少し無理して20分ほど出て行こうと思っている。
 その予定調整をしていると、近くの人が「そんな無理やり出なくても、だいたい内容は知っているんでしょ?」とカマをかけて来た。
 「知ってるよ、結構えげつない事をサラッと発表すると思う」
 「じゃあ別にエエじゃないですか」
 「そういえば、そうやけど…」

 恐らく聞く側はシンとして無反応な状況で終わるのだろう、暗い雰囲気。唖然として、「ヤッパリそう来たか」的な徒労感。
 そこに来期の方針に似た口上も空虚に聞こえる事だろう、それをして、僕はどこにこの状況を作った責任を負わせるつもりなのか?発表者の「相」から読み取りたい、と思っている。

 「ウーン、雰囲気を見たい感じ?」と答えた。

by nunuyoshi | 2009-11-27 01:52 | しごとのこと
2009年 11月 25日

ベクトルって…

 今日は朝から東京へ、午前中、昼からの打ち合わせ、現場立会いを済ませて夕方になった。「今日はゆっくり街中見物して東京の事務所に寄らず、帰ったろう!」と心に決めていたが、某本部長から電話。いやな予感がしつつ「ハイ」と軽やかに応対する、「来期の組織の案を送ったのですぐ見てほしい」との事、「あ、すみません、今出張中ですのですぐには見られません」「え?今どこいるの?」うーん、嘘もつけないので「東京です」「え!!じゃあ夜寄ってぇ!」「あ、6時頃になりますよ、良いですか?」「「ええよ」ガチャ。
 オレはチットモ良くないと思いつつ、嫌々事務所へ、その後数時間来期の組織についての打ちあわせが相手を替えて(○○常務、▲▲本部長、□□副本部長等等)続いた。
 東京の契約社員の施工部隊が軒並み雇い止めについて
 だから西から移動させたい
 今年末で2名辞職するので…
 来期の組織はこういう新しい部署を作って…
 部署間の連携をよくして云々…
 業者との関係は東京が最も良くないのでどうこうして…
 
 …それらには僕なりの意見を言ったが、今日一日で全ての人から数度「ベクトル」という単語を聞いた、また思考停止言葉が増えたようだ。
 因みに「モックアップ」って言葉もよく聞くようになった、「サンプル」「モデル」に類する言葉らしいが、元は、「木」で本番の製品を形作り、チェックを重ねるものであったように思うのだが…

by nunuyoshi | 2009-11-25 02:30 | しごとのこと
2009年 11月 22日

どうしようもない時に

 誰に何を言われても聞く事が出来ない程悲しい時がある、その原因は
誰も理解できないしそんなことは望んでもいない。

 周りで心配している人や尤もらしいことを説教がましく言う人に
憎しみすら抱くそんな、どうしようもない時、僕はこの歌を思い出した。
 


 良いとも、悪いとも、何も言わない。
只、上を向いたところで、流れるものは流れるものだ。

by nunuyoshi | 2009-11-22 05:05 | 歌のこころ
2009年 11月 19日

どっちか見るとは言ったが両方見るとは言っていない

 来期、当部も晴れて組織替えとなり、全国一つの部署になる、まあ、殆ど変わらず、上司が変わるぐらいだろうとタカをくくっていると常務の組織替え案を見ると結構動いている事にビックリ。
 暫く前に「中部も見てほしい」と突然言われたので「まあ、良いですけど九州は現状維持ですか?」と聞くと「そうやなあ…3部長でみることになるかなあ」と返答された。
 「どっちでも良いですよ」とその時は何の気なしに付け加えた。
 そしてその案は九州も大阪も中部も私のラインになっていた、「そんなに僕は器用じゃないですよ勘弁してください!」と抗議をした。「おまえ未だ若いから大丈夫!」という返事。

 『上司は思いつきで物を言う』<橋本 治>

 ふとそんな本の題名が頭をよぎった…。

by nunuyoshi | 2009-11-19 01:50 | しごとのこと
2009年 11月 16日

smile


Lily Allen - Smile

才能はこういった感じで出てしまうもののように思う。
頭からサラサラ流れ出るメロディーが止められない、それらが良いのか悪いのか判然としないまま目の前に次々並んでしまう。
性格も結構歪んでいて、こういう元気なオネイチャンはとっても好きだったりする。



by nunuyoshi | 2009-11-16 01:32 | 歌のこころ
2009年 11月 09日

変質する業界

 残るのは企画力、設計力等のいわゆる「ソフト力」なのだろう、単なる「ハード」は海外調達や他業種の侵食、統合等で駆逐され、残るとすればあくまで「ソフトに裏打ちされたハード」なのだ。
 私が在籍する会社は兄弟会社に施工会社を持っており、この不況の入札合戦で疲弊し経営的に苦境に立っている、恐らく3つある工場の内残るのは1つになり社員の統合も始まる。例に漏れず私の在籍する会社も人員整理が始まり、規模縮小せざるを得ない。
 さて、その縮小する対象人員はどういう規模でどういう層を選ぶか、ハタマタあえて選ばないかが今後の大切な指標の基になる。どう変質させるか、この年末までの短期間で先を見通す体制が組めるかが肝となる。私の案は会社に伝えた、他人事ではない。

by nunuyoshi | 2009-11-09 01:22 | しごとのこと
2009年 11月 05日

問題発言

 「付け替え伝票」は担当個人の裁量ですれば良い。

 そう言ってスタッフの物議をかもした、後から訳の分からぬ者から何かを言われても責任者の判断で「良い」と思うことはある程度の自由度のなかで進める事がないと成り立たないと考えているからだ。

 「そんな問題発言をして、何かあったんですか?」と問われた。

 鋭いなあと思いつつ「そう、何かあったのよ」と答えた。

by nunuyoshi | 2009-11-05 01:38 | しごとのこと