人気ブログランキング |

シニアとよばれて

nunuyoshi.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 28日

組織の決定は一日遅れた。

 来年の組織の決定は一日遅れた。
ぶっちゃけ原因は僕の処遇だった。
けっきょく結果はアウトラインの、全体監修に落ち着いた。

 思うと悔しいのは、初めて組織案を見せられたときに自分の位置が
組織管理者になっているのを好意的に受け取ったところだ。
 そうならそうで、いろいろ考えなければならんなぁ
よく社長がOKしたなぁと考えること数日
「やっぱり、かれはあまりに問題を起こしていて、それが他の社員に
示しがつかない」のだそうで、切り離す格好で落ち着いた。

 常務は謝罪したが、僕はその気になっていた自分を猛烈に恥じた。
「何だかんだといっていても結局は正規配置に戻りたいんだ、俺は」

 と、そういう気持ちが残っていたのがひとつ、ふたつめが、いつまでも
こういった処置を何故続けるのか、その原因が「示しがつかないから」の
二つの発見が、今日一日で明らかになったのは良い事といえば、そうだ。

 新たな発見は財産だが、重荷でもある。








by nunuyoshi | 2014-11-28 00:30 | しごとのこと
2014年 11月 23日

キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメン/フォールアウト


このビデオを見ていると、ちょっと泣きたい気分になる。

「このオッサン、何してんの?」
と廻りはへんなものでも見るように冷めている。
まるで、通りすがりの母子が「見ちゃいけません!」と子供の目をあわてて
覆う、そんな扱いだ。
 しかしオッサンは、音楽に併せて皆、楽しげに踊っているのを目の当たりに
たまらず腹を出し、ハンケツもかまわず、踊りとも言えない、ちっとも
ビートに合っていない「何か」を続けている。

やっぱりちょっとなきたい気分になる。


キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメンは買いだな。







by nunuyoshi | 2014-11-23 03:20 | 歌のこころ
2014年 11月 22日

じわじわとみんな変わっていくのだな。

 ついこの前、一緒の部の人間だった人が、立場を変えて、もと居た会社に
責任者を出せと言って来たり。
 ついこの前まで大阪で一緒の部にいた人が、東京に転勤になり
男子トイレで久しぶりに会っても、一言も交わさないようになった。
 ある女性社員はいつの間にか子持ちになり、業務を変えて、定時が来ると
一目散に帰え(らなければならないが、やっぱり雇用均等なら、旦那も半分は
子守も家事も、請け負う事を進めないと均等とは言えないのだ)る。
 僕も在籍部署が変わったが、来年、またもや立ち居地が変わるようだ。




 


by nunuyoshi | 2014-11-22 02:10 | しごとのこと
2014年 11月 05日

ニコ&ビンス/アム・アイ・ゥロング


それは間違いなのか?
それは間違いなのか?
それは正しいのか?
それは正しいのか?

日本でよく聞かれる自分応援の歌とは少し違うのが
常に自分にそれを問うことを止めない姿勢。

それにしても、最近はちょっとこういうリズムに
嗜好が傾いている。


by nunuyoshi | 2014-11-05 01:31 | 歌のこころ
2014年 11月 01日

なんだかイライラ

 某大手建築施工会社所長からのクレーム。
のっけから携帯にケンカ腰の電話が入り、約30分罵詈雑言の応酬を
受ける。それを聞きながら「何でこんな言い方が知りもしない会社の
社員にできるのか?」と疑問になり質問してみる。
「なんで、そういう口が利けるんですか?」
「○△×◎!!お前に上司は誰だ!」
「何でそんなことを僕が答えなければならないんですか?」
「▼○□××◎!!」

 本部長からのお願い
今日、来年から始まる東京製作拠点の運用方法について組織構成からの
素案を出した、概ね賛成できなかったからだ。
ほぼ、決定の内容が全く腑に落ちなかったので、アイデアを紙に粗書きしたものを
PDFで本部長全員に送ったのは時すでに遅しの呈ではあった。
「○○さんの(僕の事ね)メール見ましたが字が読めないので
来週時間取れませんか」ときた。
「なんで僕がその時間を取らないといけないの?」
「いや、いけない訳ではなくて理解できないので」
「ここで聞けば5分で終わるけど」
「いや、今時間が全くなくて」
「じゃぁ、書き直すからそれ見てください」
 これは、他の本部長は電話で問い合わせしてきたり、説明したりで
大体のことは解かってもらえたのでワザワザ時間作って打合わすのは無駄だと
感じていた、それと、何より「聞いてやる」風な感じに付き合っていられなかった。

 あいつが悪い
 月一の協力企業各社との安全会議、今年の秋の繁忙期は予想を上回る下振れを起こし
この夏から全国の協力企業にこれまで以上の協力を求めたが、それは無駄に終わった。
ある協力企業の社長から電話で「あちこちの安全会議で、あの本部長が
『あの人が騒ぎすぎた』と言ってましたよ」と連絡を受ける。
「あの人」とは僕のことだ。
その本部長に連絡をいれた。
「来月、全部の安全会議で謝罪しますから時間とってください」
「何でそんなことするんですか?」

「あのね、了見が狭くなっているときには、全て自分が正しいと思うもんなの、今日の
僕がそれなのよ、解からんだろうね」

やっぱり最近イライラしているんだろうなぁとその時やっと気づいた。



by nunuyoshi | 2014-11-01 02:25 | しごとのこと